お茶太郎の悠々自適なデータ活用ライフ

自己紹介

訪問、ありがとうございます。

サイト管理者の『お茶太郎』です。
データ関連のお仕事をしております。
システム屋さんではなく、データ屋さんを自負しております。

データサイエンティストの明確な定義がないのですが、片足は突っ込んでいるつもりです。
しかし、軸足はあくまでデータ屋さん。

データハンドリングのため、プログラムを書くことも多々ありますが、やはりあくまでデータ屋です。

あと、経営に関する戦略などデータから考察することが大好きです。
数値からストーリーを読み解き、
戦略に落とし込む。そんなデータ・ドリブンができれば理想的です。


「遠い昔の物語。。。」

1980年代から90年代を
懐かしみたいアラフィフの方々には
おすすめです!!

目次ページから移動してください。


データが情報に転じる時

データと情報の違いとは。。。
そんな質問をされる時があります。
そんな時私は、「データはDATAって書く、情報は情に報いると書く」と説明します。

たいてい「そりゃそうだね」って言われます。。。

単純な数値、活字の並びから、有効な・重要な「気づき」を得る。
それが得られた時点で、『データが情報に転じた時』なんだと私は思います。

身近なデータを徹底的に集めてみる。
切り口、見せ方、インターフェースを考えてみる。
そして、それを活用する。
データから新しい「気づき」を得る。

そんな事で、普段の生活がちょっと便利で楽しいものにならないか。

賢く、経済的に余暇を楽しむ。
お金の事や投資のこと。
天気、災害などの情報も。。。

アラフィフの私ですが、今後来る定年退職後の生活も視野に入れ、データを生活に活かす方法を考えていきたい。

そんなことを考え、サイトの運営をしております。

やれ、ビックデータだ! IoTだ! 機械学習、人工知能だ!
データ周りの時代の変わり目の今、もっと身近な視点からデータについてちょっと考え、活用してみる、そんなことをこのサイトでは目指して行きます。

まだまだデータも、コンテンツも、機能も発展途上ではございますが、いろいろ勉強をしながら、日々の成長を目指し、情報配信して参ります。

管理者からのお願い
データに関するお仕事をされている方、
ビックデータ処理/機械学習などの勉強をされている学生さんなど、
ご興味ある方は、このページをお気に入り登録していただけると有り難いです!!
ただし、このサイトでの軸足はあくまでデータですが。。。
上記のスキル的なところは、あまり追っかけては行かないと思います。
このサイトは、あくまでデータが主軸ですので、手法については別のサイトをご参照ください。
ということで、これからもよろしくお願いします。

大学の卒業論文、修士、博士論文など研究目的であれば、データ提供検討いたします。
お気軽にご連絡ください。

東京オリンピックまで

楽しみですね!!
データの切り口から、オリンピックを見てみたいと思っています。
そのうち、ブログ書くかもしれません。