【大ヒット!】翔んで埼玉 その6 「快晴日数日本一」検証【上映中】

はじめに

どうも、おはこんばんちは。お茶太郎です。

4月1日火曜日は『映画.com』で映画ランキング情報が公開されました。

順位 先週 タイトル
1 1 映画ドラえもん のび太の月面探査記
2 ダンボ
3 2 翔んで埼玉
4 3 キャプテン・マーベル
5 4 バンブルビー
6 5 映画プリキュアミラクルユニバース
7 6 君は月夜に光り輝く
8 映画 少年たち
9 7 グリーンブック
10 9 えいがのおそ松さん

先週末公開された『ダンボ』、初回2位ランクインでした。
『翔んで埼玉』は3位。
そして、1位は。。。
『ドラえもん のび太の月面探査記』

初登場の『ダンボ』を抑えての堂々の1位死守!! やはり国民的人気アニメは強いですね。
そして、『翔んで埼玉』はというと、初登場の作品に2位を譲るも、3位です。

まあ、初登場作品が上位に入るのは定番の流れで、よくある事です。
既に上映6週目。
多くの作品がTOP10から消えていく時期に差し掛かりました。
これから、2~3週間後どのポジションにいるかが重要となります。
来週、7位以下に落ちる事があれば、その後数週でTOP10から消えるという事もあり得ます。
2位に返り咲くか、もしくはランクを落としてしまうのか、ここが頑張りどころ、注目どころになります。

ということで、映画のお話はここまで。
ここからは、前回の続き。

【大ヒット!】翔んで埼玉 その5 「埼玉の歌」検証【上映中】


はなわさんの『埼玉の歌』検証。
埼玉県は【快晴日数日本一】なのかどうか検証していきます。

お薦めデータソース 【過去の気象データ・ダウンロード】

今回のブログで活用させていただいたサイト、そこのデータについて解説していきたいと思います。
使用上の注意点や特徴など、皆さんがこのデータを使うときの参考になれば幸いです。

熊谷市さいたま市気象データ

前回のブログでもご紹介したように、「熊谷市」「さいたま市」で取得できるデータ内容が異なります。
入手できるデータの範囲でいくつかのパターンがあります。

気象庁 過去の気象データ検索』サイトの画面で、確認してみましょう。


地図上のアイコンに少なくとも5つのパターンがありました。

◎●

右から左に向かって、取得できる情報が増えていくようです。

気象情報

地図の右側に表示される観測アイコンでも取得データの差を確認できます。

取得できるデータの範囲によって、ブロックを表すコードの桁数も、5桁/4桁と差があるようです。
このコードがURLに埋め込まれ、パラメータとなっています。

5桁ブロック気象データ 埼玉県熊谷市

熊谷市

5桁ブロックのサンプル、熊谷市です。


熊谷市のデータですが、下記のURLで、このようなデータを表示できます。
(表をクリックすると実際の気象庁ページにジャンプします)

https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/monthly_s1.php?prec_no=43&block_no=47626&year=2018&month=1&day=&view=

4桁ブロック気象データ 埼玉県さいたま市

続いて、4桁のサンプル、さいたま市。

さいたま市

さいたま市のデータですが、下記のURLで、このようなデータを表示できます。
(表をクリックすると実際の気象庁ページにジャンプします)

https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/monthly_a1.php?prec_no=43&block_no=0363&year=2018&month=1&day=&view=

このように、ブロックの桁数によって取得できるデータが異なります。
データを入手するときにはブロックコードにも気を付けてください。

また、5桁エリアでも、ある時期からデータが取得できていない地域もありました。
例えば、千葉県千葉市 2010年10月以降のデータ
表右端の天気概況が、2010年10月以降データが発生していません。
2011年以降も2019年現在まで値がありません。
何かの事情により、データが取得できなくなることがあるようです。
今回の気象データは基本的に県庁所在地のものを取得しましたが、千葉県千葉市と山口県山口市で、ある時期以降天気概況が空白となっていました。
事前に気がついた千葉市のみ別の地域のデータを取得し直しました。

補足
この気象庁の過去の気象データですが、県庁所在地でも取得できるデータ項目が少ない場合や、ある時期からデータが欠落する場合があります。
そこを気をつけながらデータ取得、活用しましょう!!

また、統計的信頼度を表中に記号で表示しています。
数値のみ使う場合は、この記号を上手く除外しましょう。
また、統計的な信頼度を重視するならば、この記号もきちんと保存しておきましょう!!

補足
統計的な信頼度についての情報はこちら
このサイトに、天気概況の計測方法も書いていますが、快晴は目視!!とのことです。

ということで、本題に。。。

データ出典 【過去の気象データ・ダウンロード】

今回の快晴日数日本一確認のため、気象庁の『過去の気象データ・ダウンロード』ページからデータを取得しました。
2000年01月01日から2018年12月31日までのデータを取得しています。
『快晴』となっているレコードのみカウントしています。
『快晴、大風を伴う』や『晴れ』などカウントには入れていません。

補足
47都道府県(ボーナスエリア:昭和基地+1)、365日(うるう年無視)、19年分で換算すると。。。
単純計算で、332,880レコード
きつかった、やらなきゃよかったorz

では、結果を見ていきましょう!!

2000年1月~2018年12月計

都道府県 市区町村
北海道 札幌 207
青森県 青森 174
秋田県 秋田 144
岩手県 盛岡 189
宮城県 仙台 219
山形県 山形 163
福島県 福島 197
茨城県 水戸 526
栃木県 宇都宮 560
群馬県 前橋 537
埼玉県 熊谷 857
東京都 東京 750
千葉県 銚子 451
神奈川県 横浜 645
長野県 長野 342
山梨県 甲府 746
静岡県 静岡 776
愛知県 名古屋 500
岐阜県 岐阜 495
三重県 343
新潟県 新潟 251
富山県 富山 375
石川県 金沢 310
福井県 福井 226
滋賀県 彦根 318
京都府 京都 228
大阪府 大阪 260
兵庫県 神戸 340
奈良県 奈良 260
和歌山県 和歌山 296
岡山県 岡山 404
広島県 広島 378
島根県 松江 244
鳥取県 鳥取 285
徳島県 徳島 423
香川県 高松 315
愛媛館 松山 446
高知県 高知 617
山口県 山口 77
福岡県 福岡 308
大分県 大分 355
長崎県 長崎 293
佐賀県 佐賀 408
熊本県 熊本 357
宮崎県 宮崎 621
鹿児島県 鹿児島 347
沖縄県 那覇 67
南極 昭和基地 786

2000年01月01日から2018年12月31日の期間計で、確かに快晴日数:857日で『埼玉県の快晴日数は日本一』でした!!!
そして、2位は静岡県静岡市(776日)3位は東京都東京(750日)という結果となりました。
※東京都に関しては、気象庁のマップに新宿区がなかったため【東京】というエリアのデータをとっています。

そして、意外や意外。南極の昭和基地の快晴日数、786日!!
日数だけで言ったら、857日の埼玉県に次ぐ日数でした!!
南極って吹雪いているイメージしかありませんでしたが、意外に晴れの日も多いんですね。
ちなみに、2018年の月間の気象データはこちら!!

南半球なので季節反転、夏の1月で気温-1.0です。
冬の7月になると、-17.9です。日照時間も短く、月17.7時間。その前の月は「—」ですが、これ0時間ってことなんでしょうか???
いやー、想像もできない環境ですね。

意外な結果はもう一つあります。
快晴日数年間76日、那覇市が一番快晴日数が少ない!!

あれ。。データ間違っているか???
もしそうであれば、ごめんなさい。

補足
データを扱う上で、『肌感』ってすごく大切だと思います。
那覇が一番快晴日数が少ない、なんとなく肌感にあいませんよね。
実務であれば、Rawデータに遡ってミスがないか検証します。
が、、、今回はそこは割愛。手を抜かせてもらいました。^^;
お茶太郎
このランキング表作るために、どれだけの時間費やしてんだよ!!
えれー、しんどかったぞ!! アホほど時間かかった!!
でも、これで埼玉県の快晴日数が日本一ということが証明されたぞ!!
ニガウリくん
ちょっとまってくださいよ。お茶太郎さん。
他の県は、みんな県庁所在地のデータですよね。
でも、埼玉県は熊谷市じゃないですか???
お茶太郎
あぁ、そうだよ。
「埼玉県さいたま市」と「滋賀県大津市」だけ、県庁所在地なのに4桁地区なんだ。
だから、気象概況のデータが取れる「熊谷市」「彦根市」のデータを使ったからな。
ニガウリくん
お茶太郎さん。。。
熊谷市って日本で一番暑い場所ですよね。
しかも、一説によればほぼ群馬だとかなんだとか。。。

その暑い「ほぼ群馬」のデータを持ち出して、「埼玉県は日本一快晴の日が多い」っておかしくないですか???
お茶太郎
う〜〜〜ん、確かに「県庁所在地」のデータを取りたいという趣旨からまずは外れているな。
しかし、現実問題として、実データが取れない場合は今回みたいにみなしのデータで分析しないといけないケースが実務上でも多々あるんだよ。
近似値をとるとか、隣接する地域のデータを採用するとかな。。。
一定のサンプルのみを調査して、そこから全体像を推測するウェイトバック集計ってのもあるしな。
馬鹿正直に全数調査していたら、コストが膨大に膨れ上がるからな。。。
ニガウリくん
なるほど。。。
なんか言いくるめられた感は否めませんが、日本一暑い地域である埼玉県熊谷市をベースに集計する限りでは、埼玉県の快晴日数は日本一という事はわかりました。
ニガウリくん
胡散臭いおっさんめ!!!
お茶太郎
めんどくせーガキめ!!

ちなみに、熊谷市の快晴日数を時系列で見てみると下記のようになります。

47都道府県平均と比べると、非常に多いことがわかります。

ニガウリくん
快晴の判断ってどうやってやってるんですか?
人が判断しているんじゃないんですよね???
お茶太郎
あ、あぁ。。。
どうやっているんだろうな?
お茶太郎
人による目視なんていえねぇ。。。。

まとめ

ということで、本日はここまで。

まとめ
  • 気象庁の過去データ2000年01月01日から2018年12月31日のデータを観る限り、埼玉県「熊谷市」は快晴日数日本一の地域
    ただし、今回データを取得した地域外で快晴日数が多い地域があるかもしれません。
  • 全国平均と比較すると明らかに快晴日数が多いことも確認

最後に

ということで、本日はここまで。
それではまた。。。ノシ〜〜〜〜

 

次のページにエリア×年別の詳細データを記載しています。
ご興味ある方はそちらもご確認ください。

お茶太郎
こんな細かなデータ、興味あるやついねーだろ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です