【興行収入】全米映画ランキング 過去データ分析【TOP30】

はじめに

どうも、おはこんばんちは。
お茶太郎です。

毎日暑い日が続いております。
そんな酷暑の日本列島、みなさん気になるのでしょう。
以前書いた、「東京の最高気温推移(再)」のブログのPVがジワジワと伸びております。

東京の最高気温推移(再)

お茶太郎

昨日の最高気温は、15時時点の31.7度。午後から雨が降ったので、あまり気温はあがらなかったようですね。
しかし、連日の高温。おじさん、乾いてミイラになりそうです。

そのうち、時間をみて、最新版を書こうかとも思っております。

さてさて、今日は気温のお話ではなく、映画の興行収入のお話です。
しかも、全米映画ランキングの過去の興行収入データをいじってみたいと思います。

データ出典 映画.com 全米映画ランキング

今回のデータは、「映画.com」から配信されている、全米映画ランキング(1998年8月21日から)の『累計興収(単位:$)』を使用しています。

全米映画 興行収入ランキング

ランキングデータはこんな感じになりました。

シリーズものが、マーベルものが強いという印象でしょうか・

タイトル 累計興収
(単位:$)
2015/12   Star Wars: The Force Awakens「スター・ウォーズ フォースの覚醒」 921,643,000
2019/04   Avengers: Endgame「アベンジャーズ エンドゲーム」 847,862,833
2009/12   Avatar「アバター(2009)」 736,881,000
2018/02   Black Panther「ブラックパンサー」 696,186,611
2018/04   Avengers: Infinity War「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」 669,466,449
2015/06   Jurassic World「ジュラシック・ワールド」 643,090,065
2017/12   Star Wars: The Last Jedi「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」 604,284,476
2012/05   The Avengers「アベンジャーズ」 598,288,000
2018/06   Incredibles 2「インクレディブル・ファミリー」 583,141,290
2008/07   The Dark Knight「ダークナイト」 521,925,000
2016/12   Rogue One: A Star Wars Story「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」 520,200,086
2017/03   Beauty and the Beast「美女と野獣」 497,924,628
2016/06   Finding Dory「ファインディング・ドリー」 469,012,930
2015/05   Avengers: Age of Ultron「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」 452,474,193
2012/07   The Dark Knight Rises「ダークナイト ライジング」 437,849,000
2019/07   The Lion King「ライオン・キング」 430,889,078
2004/05   Shrek 2「シュレック2」 429,441,294
2019/03   Captain Marvel「キャプテン・マーベル」 423,777,079
2019/06   Toy Story 4「トイ・ストーリー4」 410,050,743
1999/05   Star Wars: Episode 1「スター・ウォーズ/エピソード1」 408,600,000
2013/11   The Hunger Games: Catching Fire「ハンガー・ゲーム2」 407,139,699
2013/05   Iron Man 3「アイアンマン3」 403,120,000
2016/05   Captain America: Civil War「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」 401,277,176
2006/07   Pirates of the Caribbean: Dead Man’s Chest「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」 401,253,092
2013/04   Jurassic Park 3D 399,133,007
2018/06   Jurassic World: Fallen Kingdom「ジュラシック・ワールド 炎の王国」 397,553,500
2017/12   Jumanji: Welcome to the Jungle「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」 397,263,020
2013/12   Frozen「アナと雪の女王」 396,356,000
2014/05   X-Men: Days of Future Past「X-MEN:フューチャー&パスト」 223,393,500
2015/03   Cinderella「シンデレラ」 196,273,979

時系列の変化をグラフにするとこんな状態になりました。
対象の期間が長いため、グラフが横につまった状態になります。
チンアナゴグラフと命名しましょう。
ちなみに、日付はデータが発生した日のみグラフ化しているため、不連続です。

データ発生した日(恐らく公開された週)を起点にグラフを並べてみます。
TOP10に入っている時期のみのグラフのため、ランキング外にいた時期の折れ線は欠損しています。

お茶太郎
TOP10に返り咲くなどしながら、長期間興行収入を獲得できた作品が結果を残すってことだろうな。
この中にはリピータもいるんだろうなぁ。。。
ニガウリくん
リピータをどうやって獲得できるかも、ロングランヒットのカギになるんでしょうね。
お茶太郎
あと、Jurassic Park 3Dの遷移が興味深いな。
最初の数週間は低迷していたのに、ある時期あら一気に成績をのばしているからな。
ニガウリくん
興行収入のデータ、もっとじっくり見ていきたいですね。

最後に

今回のデータ分析はここまでです。
正直、途中まで書いて放置していたものを適当に完結させました。

お茶太郎
ゴメンヨ。
本当にゴメンヨ。

興行収入の累計推移データは、いつか改めてきちんと活用し、ブログ書き上げたいと思います。
これに懲りず、またブログ訪問いただけると大変うれしく思います。

次は、ちゃんと書きます。。。。

ではまた、ノシ~~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です