【興行収入ランキング】天気の子vsアラジン【データ分析】

はじめに

どうも、おはこんばんちは。
お茶太郎です。

映画『天気の子』が、CINEMAランキング通信の歴代興行収入ランキング記録更新しています。
9月23日現在、130.1億円の興行収入で17位、昨年公開し大ヒットした16位のボヘミアン・ラプソティに0.6億円と迫っております。
一方で、映画.comに記載されている『映画ランキング・映画興行収入ランキング』(興行通信社提供のデータで、CINEMAランキング通信のサイトと同じデータ提供元)では、第4位(9月21日~9月22日)と未だ高ランキングを維持しています。

今回は、『天気の子』とその数か月前に公開され歴代ランキング21位に名前を連ねている『アラジン』のいくつかのデータを使い、いろいろ考察していきたいと思います。

歴代興行収入ランキング

お茶太郎
現在の歴代ランキング、1位から30位をみてみるぞ。

2019年9月23日現在 (CINEMAランキング通信

順位 作品タイトル 配給会社 興収(億円) 公開日 邦画
1 千と千尋の神隠し 東宝 308 2001/7/20 *
2 タイタニック FOX 262 1997/12/20
3 アナと雪の女王 ディズニー 255 2014/3/14
4 君の名は。 東宝 250.3 2016/8/26 *
5 ハリー・ポッターと賢者の石 ワーナー 203 2001/12/1
6 ハウルの動く城 東宝 196 2004/11/20 *
7 もののけ姫 東宝 193 1997/7/12 *
8 踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 東宝 173.5 2003/7/19 *
9 ハリー・ポッターと秘密の部屋 ワーナー 173 2002/11/23
10 アバター FOX 156 2009/12/23
11 崖の上のポニョ 東宝 155 2008/7/19 *
12 ラスト・サムライ ワーナー 137 2003/12/6
13 E.T. CIC 135 1982/12/4
13 アルマゲドン ディズニー 135 1998/12/12
13 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 ワーナー 135 2004/6/26
16 ボヘミアン・ラプソディ FOX 130.7 2018/11/9
17 天気の子 東宝 130.1 2019/7/19 *
18 ジュラシック・パーク UIP 128.5 1993/7/17
19 スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス FOX 127 1999/7/10
20 美女と野獣 ディズニー 124 2017/4/21
21 アラジン ディズニー 121.4 2019/6/7
22 風立ちぬ 東宝 120.2 2013/7/20 *
23 アリス・イン・ワンダーランド ディズニー 118 2010/4/17
24 スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ディズニー 116.3 2015/12/18
25 南極物語 角川 110 1983/7/23 *
25 マトリックス・リローデッド ワーナー 110 2003/6/7
25 ファインディング・ニモ ディズニー 110 2003/12/6
25 ハリー・ポッターと炎のゴブレット ワーナー 110 2005/11/26
29 パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド ディズニー 109 2007/5/25
30 トイ・ストーリー3 ディズニー 108 2010/7/10

このランキングが、過去どのように上昇してきたのか、時系列データで見てみることにしましょう。

更新が不定期なため、データには日付の欠損があります。
それを同値で補間しています。

お茶太郎
同値で補間しているから、グラフがカクカクしたものになっているな。
線形補間してもよかったんだが、手間がかかるので今回は同値にさせてもらったぞ。
補足
今回、映画に関連したデータをいくつかグラフ/テーブル化しました。
全てエクセルで作成したため、非常に時間がかかりました。
ランキングデータや、Youtubeデータなど使用頻度が高いデータは、今後、Pythonなどで自動作成できるようにプログラムを準備していきたいと思います。
まず、6月9日公開のアラジンが、公開21日目の6月30日84位で登場。
一週間後の7月7日には58位、7月15日33位。
そして、ゆっくりと順位を上げ、9月7日までは20位を維持していた。

一方、後発だった『天気の子』
8月12日に72位にランクイン。
7月19日の公開からカウントすると24日。
アラジンも21日目だったことを考慮すると、歴代ランキングにランクインするためには、最短でもこの程度の日数が必要なのだろう。
ただし、『天気の子』はその後急激にランクを上げ、6日後の8月18日38位となる。
この時点で、アラジンとの差、17。
そこから順調にランクを上げ、9月8日、アラジンを抜き20位の座を獲得している。

お茶太郎
『天気の子』は、一気にランクを上げるあたり新海監督の人気がわかるな。

また、興行収入をロングスパンで見た時、リピータがどのくらいの頻度で来るかを予測できれば、分析のモデルが作れそうだな。
【人気作品は一月後に20%のリピータを獲得する事ができる】みたいなモデルだな。
ネットで取得できるデータからじゃ、そこまでの分析は難しいだろうけどなぁ。

本日ブログの最後となりますが、歴代興行収入TOP100位の作品の興行収入金額を棒グラフ化してみましょう。
特定の価格帯に何位くらいまでの作品が入るのかを可視化する事で、今後のランキング入れ替わりのハードルを確認することができると思います。

お茶太郎
便宜的に、100億円、150億円、200億円のラインをグラフに引いた。
35位以上は100億円のラインを超えた作品、11位以上は150億円、5位以上は200億円以上となることがグラフからわかるな。
ニガウリくん
はい。
この三つの金額帯を閾として、収益金額が加速度的に増加していますね。
このブラフから、上位に上がれば上がるほど、多くの興行収入を獲得していかなければならないんですね。
お茶太郎
あぁ、特に5位以上の作品は200億円以上のラインを引いたが、1位の『千と千尋の神隠し』が308億円だけどな、『ハリー・ポッターと賢者の石』は203億円。1.5倍の結果をたたき出していることがグラフからわかるだろ。
ニガウリくん
ここから推測すると、TOP11に入るのはとても難しいことがわかりますね。
まずは、137億円12位の『ラスト・サムライ』が抜けるかどうかが、当面の目標でしょうか。。。
後半の伸びによっては、TOP10入りも可能かなぁ。

まとめ

ということで、今回のまとめ

まとめ
  • 天気の子、歴代興行収入ランキング更新中! 現在17位
  • 歴代ランキングに入る為には、最短でも20日強は必要
  • 現状の推移からすると、12位は狙えるポジション。TOP10入りを願う。

最後に

それでは、本日はここまで。
次回は、続き。時系列の「上映回数」のログデータを見ていきたいと思います。

それではまた。。。ノシ~~~~~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です