Tableauから、GoogleMapへの連動

はじめに

Tableauでよく使う小技。
地図データから、GoogleMAP、ストリートビューにジャンプする技をご紹介します。

データ準備

下記、各チェーン店の公式サイトより住所データを取得
バーガーキング
CoCo壱番屋
すき家
パンチョ

データはこんな感じにまとめました。

緯度経度の取得

住所を元に緯度経度を取得するマクロを作成。
下記サイトを参考にマクロをつくる。
GoogleのAPI以外でExcelのvbaで住所から緯度経度を取得する方法

GoogleAPIよりも気楽に使える国土地理院のAPIを使います。

補足

API叩いて、WebGetしているだけ。
ここらへん、再現してあげれば他の言語でも取得できる。
文字のエンコードが必要みたい。
With httpReq
.Open “GET”, “https://msearch.gsi.go.jp/address-search/AddressSearch?” & encodeParams(params)
.send
End With

GETしたものはJSON、パースしてあげればOK

緯度経度付けるとこんな感じ

お茶太郎
サンプルデータ上げておくぞ。
地図のVizつくる勉強がてら、手を動かしてみてくれ。
エクセルデータファイルダウンロード

Viz作成

まずは、普通にTableau(Public)立ち上げて、データを選択する。
緯度・経度を地理的役割に指定する。


同様に緯度も指定。

補足
アイコンが地球儀になるぞ

列に経度、行に緯度を指定。
この時、合算など集計をせずに、個々の値をすべてそのまま表示させる。

行・列に地理情報の緯度経度をドロップするだけで、地図ボードとなります。

アクションの登録

メニューの「ダッシュボード(シート上で制御するならばワークシート)→アクション」を選択

ウィンドウ左下にある【アクションの追加】→「URLに移動」を選択

名前は「ストリートビュー」
URL欄には下記文字を入力。
https://www.google.com/maps/@?api=1&map_action=pano&parameters&viewpoint=<緯度>,<経度>

もろもろ、下記を参考に指定

補足・ちょっとヨコミチ
指定した緯度経度の近郊で、キーワードで検索する時は下記のような感じ

http://maps.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&geocode=&q=<チェーン店名><店舗>&ie=UTF8&ll=<緯度>,<経度>&spn=0.029488,0.083942&z=18&layer=t

より正確に検索することができます

パラメータに「チェーン店名」「店舗」情報を使っていますので、『色』や『詳細』にこのフィールドを指定してください。

Let’s action

①マップ上の点を左クリック。メニューを表示

②メニュー上の【ストリートビュー】をクリック

③Googleストリートビューで現地の状況を確認

注意
APIで取得した緯度経度、若干ずれていることがあります。
知らない町を探索する気分で、画面上を散策してみてください。

 

最後に

以上、ざっくりと地図ボードの作り方とGoogleストリートビューへの連携を説明したぞ。

URLのパラメータはいろいろ使えるので、Webページ閲覧するときはURLも気にしてみてみてくれ。
うまくデータと連携すれば、TableauからWebページを活用することができるようになる。

WEB上にあふれている情報と連携ができると思うと、ワクワクするだろう。

ということで、本日はこれにて。

それではまた。。。 ノシ~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です